MENU

福田秀樹の多事争論経済・社会

あなたは痴漢に間違われたらどうしますか?

京都の地下鉄に以前、弁護士事務所が以下のような広告を出してしました。(記憶が定かでないので、やや違うかもしれませんが)、こんなQ&Aでした。

Q あなたは電車で痴漢に間違われました。以下の3つの中で正しい対応はどれでしょう?

①その場を全速力で走って逃げる

②とりあえず駅員室に行って、「おれはやっていない」と堂々と主張する

③弁護士に電話する

もちろん、弁護士事務所の広告になので、正解は③となっていました。

この前、お知り合いの弁護士先生に上記について、見解を聞いてみました。そうするとどれもダメだそうです。

つまり、女性に「この人、痴漢だ」と手をつかまれ、間違われたらもうアウトだそうです。

その弁護士先生は満員電車にのるときは両手をあげて乗るとおっしゃっていました。

両手をあげる、つまり、両手をふさいで、両手のアリバイを作っておくということです。

たとえば、片手で鞄を持つ、片手で本を読むなどが自然でしょうね。

社長様が満員電車にのる場合、自分を守るために知っておかれたほうがよいのではないかと思います。

 

  • こんな人事給与の悩みを解決 詳細はこちら
  • 講演CD最新情報はこちら

経済・社会 記事一覧