MENU

福田秀樹の多事争論経済・社会

ゆとり教育の悩みはまだまだ続く

先日、塾関係の社長様とお話をした。今年の高校3年生の平均的な学力はひどいという話だ。

そのひどさはどこから来るのかとお聞きしたら、クチをそろえて「意欲が低すぎる」とおっしゃる。

目標がない。自分から何かをやろうということがない。


大学生のインターンシップ生も企業に一応は来ているが、おそろしく意欲が低いとある社長がいう。聞くところによると、親も「無理してそんなところに就職しなくていい」と余計なアドバイスをしているとかしていないとか。

まあ、いずれにしても人を雇い、稼ぐ人間に育てることに執念を燃やす私たち経営者としては先行き思いやられる話です。

問題となるのは個々人の「意欲格差」。この意欲は企業の教育ではどうしようもないのです。

  • こんな人事給与の悩みを解決 詳細はこちら
  • 講演CD最新情報はこちら

経済・社会 記事一覧