MENU

福田秀樹のWEBコンサルティング採用・面接支援

Q

スマホ時代に勝つ!中小企業の採用大作戦

A

2014年~2015年で人材採用を取り巻く環境は一変しました。

それまでの弊社のご指導の内容は、「いかに候補者を見抜くか」「会社に相応しくない候補者を入社させないか」という人事労務リスクを軽減させるかに重点がありました。しかし、2015年~2016年以降にかけての人材採用は「人が集まらない」「候補者が来ない」という根本的な課題をどう解決するか、ということがメインテーマとなっています。

 

2019年問題といわれますが、2019年から18歳人口がグンと減り始めます。特に良質な若年労働力の確保は益々困難となります。

 

採用がうまくいっていない会社は以下のいずれか、又は複数の組み合わせが原因でした。

 

①  経営の優先課題に「採用」がない (経営計画書に採用活動計画がない)

②予算がない、とらない

③採用の考え方が間違っている(即戦力へのこだわり、年齢、性別、勤務時間などへのこだわり等)

④採用の方法が間違っている

⑤会社の魅力が社外に伝わらない

 

①~③は経営者・採用担当者様の考え方等をあらためて戴く。その後に④⑤に着手することができます。

 

特に、「採用力=企業力×条件×採用活動」と定義できます。

 

中小企業の場合、大手企業に比べれば、企業力(企業イメージ、認知度、商品、サービス等)、条件(給与、職種、労働時間と休日、勤務地、福利厚生等)では見劣りしてしまいます。スグにあらためることができるのは「採用活動」です。

 

上記の①~③をクリアしていただいたうえで、採用の方法をあらためて、その会社の魅力をつくり、上手に打ち出すことができれば、必ず採用は改善します。また、採用を改善すべく、「当社は採用ノウハウがある、採用が同業他社より得意である」という条件整備を、「今」行わなければ、人材確保がボトルネックになり、競争には勝てません。人手不足が、介護、建設、外食サービス、小売そして製造業の現場まで押し寄せています。

 

その採用活動の見直しの一つにネット対策があります。ネット対策とはスマホ対策です。その対策の勘所を講演CDにまとめてみましたので、是非参考にしてください。

≪講演CDのお申込みはこちらをクリックしてください≫

http://xc532.eccart.jp/n874/item_detail/itemCode,cd27/

 

 

 

 

  • こんな人事給与の悩みを解決 詳細はこちら
  • 講演CD最新情報はこちら