MENU

福田秀樹のWEBコンサルティング稼ぐ組織づくり

Q

最低賃金上昇等の労務コスト対策

A

2019年10月の最低賃金の引上げ額が過去最大となった。三大都市圏は28円上がり、東京都と神奈川県は初めて1000円を超える。大阪府は964円となる。

 

パート・アルバイトをたくさん使う流通サービス業、人出不足とあいまって、時給が上昇の一途を辿っている。

 

しかし、この対策は意外と簡単である。

 

それは1日の労働時間を30分 時短することだ。

 

900円×1日7時間=6300円

950円×1日6時間30分=6175円

 

 

経営者や幹部が本気になって、既成概念にとらわれず取り組めば、1日15分や30分の時短は意外にスグできる。必ずできる。

 

労働時間の短縮、省力化、すべての企業の最優先課題になっている。

 

これからの人を使うキーワードは「時給アップ」「労働時間ダウン」だ。

 

残業をなくすどころか、時間給者の所定内労働時間さえも、短縮する時代となってきた。戦いはこれからだ。

  • こんな人事給与の悩みを解決 詳細はこちら
  • 講演CD最新情報はこちら

稼ぐ組織づくり 記事一覧